銭湯のご紹介

お湯につかりながら立山あおぐ特等席を楽しんでください
富山湯の外観富山湯の銭湯背景画

富山湯

ふるさと"富山"への思いがつまった銭湯

住宅地のなかに突然現れる、巨大な2つの『ゆ』の文字が特徴的な富山湯。店主山林作治さんの祖父、作右衛門さんが昭和23年に創業した銭湯だ。作右衛門さんは富山県上市町の出身で、ふるさとへの思いが強かったという。屋号はふるさと富山県から命名された。ある富山県出身のお客さんは、浴場の壁に描かれた立山連峰を見て「東京に引っ越してきたんだけど、立山連峰を見て地元を思い出したわ。懐かしい」と声をかけてくれたそうだ。他にも立山連峰がきっかけで話が弾み、気付けば閉店時間ということもあったとか。山林さんは、「古いけど、先々代の思いがつまった銭湯。とにかく毎日隅々までキレイにしている」と胸を張って話してくれた。


大きく書かれた『ゆ』の文字が目をひく。


富山ライトレールから北陸新幹線に化粧直し。


銭湯背景画絵師・中島盛夫さんと事業コーディネーター・町田忍さんに仲間が集う。

富山湯MAP
所在地:
江東区亀戸6-49-14
TEL:
03-3681-5912
営業時間:
15:00〜23:00
定休日:
毎週土曜日
イベント等:
9月19日「敬老入浴サービス」など
アクセス:
JR亀戸駅から徒歩8分

このページのトップへ戻る